素敵なギフト

「ありがとう」の気持ちがもっと伝わる

「読み物」の記事一覧

タイムラインがオシャレなアイテムで埋め尽くされる!フォローすると美的センスが170%上がりそうなSNSアカウント8選

ライフスタイルがオシャレでついマネしたくなるアカウントや、センスのいいアイテムを扱っているショップのアカウントを8つ厳選してご紹介します。フォローすれば美的センスがアップすること間違いなし!インテリアやギフト選びの参考にもなります。

出会いと別れの季節に一生モノの本を贈ろう。京都の編集チームの人生を変えた「ずっと手元に置いておきたい」名著 6選

人生で一番つらかった時期を救ってくれたのは、一冊の本でした。 本によって人生の悩みを解決するヒントが見つかり、前向きに生きられるようになった───。 編集部の6人のメンバーが、それぞれの「人生に影響を与えた本」をご紹介します。

就活に失敗した私が受け取った「笑顔」のギフト。新卒で直島に移り住んだライターの話。

私は、いわゆる就活に「失敗」した。 大学3、4年生の頃、周りの友人が自己分析やOB訪問、エントリーシートで忙しいというのに、私は「こんなことしたくない」とふてくされて、いわゆる就活をほとんどしなかった。 今振り返れば、ただ単に面接に落ちるのが怖いとか、自分に向き合うのが面倒くさいといったことだったのだと思う。 プライドがすごく高くて、傷つきたくない。 カチンコチンの自我のカタマリだったのだ。

あなたはこれまでに、どれだけのギフトを贈ってきましたか?
ギフトは相手への日頃からの感謝の気持ちを伝える手段。
「ありがとう」の気持ちを込めて贈られたギフトは、世の中に温かな輪を広げます。

ギフトを贈る際は、誰もが贈る相手のことを思い浮かべることでしょう。
「このギフトを贈ったら喜んでくれるかな?」
「このギフトを贈ったら、どんなふうに使ってくれるかな?」
それはとても素敵なことで、ギフトを贈る人が増えるほど、誰かへの思いやりが世の中に増えていくんです。

ただ、残念なことに、ごくまれにギフト選びで失敗してしまう人がいます。
よかれと思って選んだギフトが、相手の立場や価値観をよく知らなかったために、相手の気持ちを害してしまった。
そんなボタンの掛け違いを少しでも減らしたい。

私たちは、多くの人に、相手が喜ぶギフトの選び方をわかりやすく伝えることで、
ギフト選びで後悔する人たちを減らしたいと思っています。

そして、「ありがとう」の気持ちが相手へもっと素敵に伝わる、そんな世の中をつくっていきます。

素敵なギフト